試合をキャンセルする場合の諸注意
2018.09.25 Tuesday | NEWS | comments(0)

 9/23DUMAUの試合で、ワンマッチで相手選手が来場せず、試合ができなかった会員さんがいました。本人の苦痛は計り知れないものがあります。きわめて遺憾なことですが、少なくとも我々野武士の人間は、このような人に迷惑をかける行為だけはしないよう心掛けてください。

 

試合キャンセルについて

 そもそも試合に出場できるかどうか曖昧な時は、エントリーしないようにしてください(みなエントリーリストを見て申し込みをしてきます)。それでも、どうしても試合に出場できないと発覚した場合は、最低でも締切り前までにキャンセル依頼をしてください。締切り後はトーナメント作成に入るため、相手選手は他カテゴリへ移動ができず、その後の大会運営側の連絡状態次第では、今回と同じことが十分起こり得ます。お金を払ってエントリーし準備してきても試合ができず、多大な迷惑をかけることになります。

 最悪、締切後にキャンセルしなければならない場合は、当アカデミーから相手選手や相手アカデミーに謝罪し状況説明する必要があります。もちろんキャンセル理由や状況によっては、厳しいペナルティを与えますのでご承知おきください。

 柔術の試合は、各カテゴリ人数が少なくなるよう配慮されているので、気軽にエントリーして出場できたら出場する、といった簡単なものではありません。こういった事情を十分理解したうえで、試合エントリーするようにしてください。


↑この記事にコメントする
なんでも結構ですので、コメントをお寄せください!